Retroletra.com

【新商品レビュー】トミカリミテッドヴィンテージネオ LV-N224a トヨタ チェイサー 2.5ツアラーV (98年式) ホワイト

tadatchi

tadatchi

th_P1310896.jpg
「トミカリミテッドヴィンテージネオ」の新作「トヨタ チェイサー」を早速ゲットしてきたのでご紹介しています。ジワジワと確実に商品化ラインナップが現代に近づいてきていますね。


Sponsored Link



th_P1310897.jpg
今回モデルになったのは1998年式のチェイサー。マークII三兄弟と呼ばれる「マークII・クレスタ・チェイサー」の中で最もスポーティーな味付けが施されたクルマです。小さい頃に友達のお父さんが乗り回していたことや、仲のいいGRコンサルタントの現在の愛車であることから、この100系と呼ばれる世代のチェイサーには強い親しみを感じています。

th_P1310898.jpg
トミーテックの公式サイトによれば、今回のチェイサーは後期型でオプションのバンパーとグリルを装着した仕様がモデルになっているとのこと。グレードは今も根強い人気がある高性能モデル「ツアラーV」です。その最高出力は280馬力にも達するとか。公式サイトにミニカーのモデルについての解説がしっかり載っているのがTLVシリーズのいいところですね。記事書くときにすごく助かります。

th_P1310899.jpg
正面から。前述の通りオプションのグリルとバンパーを装着した仕様となっています。ググってみると同じ顔の実車がたくさん出てくるので人気の仕様だということがわかります。オレンジに彩色されたウインカーレンズもしっかり再現されているのがグッド。これはこれでもいいけど、今後完全フルノーマル仕様が出てきても面白いかなぁと個人的には思います。公式サイトにも「まずは人気のツアラーV後期型から」との記述があるので、「アバンテ」系を含めて様々な仕様違いが今後検討されているのかもしれません。カラーは今回はホワイトだけを購入しましたが、濃緑モデルも同時発売になっているので興味のある方は併せてチェックしてみてください。

th_P1310901.jpg
後ろから。テールライトはクリアパーツでしっかり再現。ボディカラーのせいで分かりにくいですが「チェイサー」の車名と「ツアラーV」のエンブレムも印刷でしっかり再現されています。リアスポイラーはユーザー取り付けパーツとして同封されているもの。普段はこういった取り付けやらないんですが、今回は絶対ついていた方がかっこいいと思って取り付けにチャレンジ。なんとか綺麗にくっつけることができました。しかしハイマウントランプの印刷の中心がズレている個体だと気づいてしまってなんだか複雑な気持ち。リッチなミニカーでこういうズレは気になりますね。取り付ける際は模型用接着剤等を使って丁寧に頑張りましょう。

th_P1310902.jpg
th_P1310903.jpg
俯瞰して。今回のチェイサーは嬉しいサンルーフつきモデル。サンルーフバイザーもユーザー取り付け部品なので頑張って取り付けました。どこに接着剤を塗るのが正解か分からなかったのでなかなか苦戦させられました。でもついてた方がやっぱりカッコいいですよね。毎回やりたくはないけど、今回は挑戦してみてよかったと思います。

th_P1310905.jpg
裏側。

th_P1310891.jpg
同封されている「ユーザー取り付け部品」というのがこちら。

th_P1310890.jpg
「接着剤を使ってお好みに応じて頑張ってつけてください」ということだけ書かれた指示書きがあるので、図を参考に取り付けます。

th_P1310892.jpg
th_P1310894.jpg
th_P1310895.jpg
記録用にパーツ取り付け前の姿も。どちらの状態で飾るか検討する際の参考にしてください。

th_P1310889.jpg
パッケージ。

トヨタ チェイサー

メーカー : トミーテック
ブランド : トミカリミテッドヴィンテージネオ
識別番号 : 4543736313014
スケール : 1/64
ギミック : - - -
入手状態 : 新品
発売年月 : 2021年1月
納車年月 : 2021年1月
標準価格 : 2600円+tax
入手価格 : 2210円+tax
記事分類 : 新商品レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。







Sponsored Link