Retroletra.com

【新商品レビュー】トミカプレミアム 21 トヨタ ソアラ

tadatchi

tadatchi

th_P1320234.jpg
今日発売のトミカプレミアムから往年の「トヨタ ソアラ」をご紹介。


Sponsored Link



th_P1320203.jpg
まずは通常品のホワイトからご紹介。「ソアラ」はトヨタがかつて販売していた高級クーペ。

th_P1320204.jpg
自分より前の世代のクルマにはあまり明るくないのが正直なところですが、Wikipedia先生の写真と睨めっこして判断するに、今回のトミカプレミアムは私が生まれるよりも前、1986年から1991年まで販売されていた2代目がモデルになっているようです。私の世代の感覚から系譜を辿ると「レクサス SC430」のご先祖さまにあたるクルマで、トミカからも3代目と4代目(後期型からレクサスSC430)は商品化されていたので当時のものを持っています。

th_P1320205.jpg
直線と曲線を巧みに組み合わせたスタイリング。今のクルマにはなかなかない、この時代ならではの独特の魅力がありますね。最近、新型N-ONEがオプション設定したことで話題になりましたが、ドア部分に車両スペックが書かれているのもまた一興ですね。トミカプレミアムなので車種専用のホイールを装着しているのも嬉しいポイント。

th_P1320206.jpg
ヘッドライトはクリアパーツで再現。各種グリル類は一番下の部分を除いてしっかり塗り分けられています。フロントに取り付けられたエンブレムは「グリフォン」をモチーフとしたもの。初代から採用されているもので、2代目にもしっかりと受け継がれています。トミカプレミアムでもばっちり再現。ウインカー部分にオレンジ色がしっかり挿されているのもグッド。

th_P1320207.jpg
後ろから。テールライトは2色に分かれたクリアパーツでリアルに再現。フロントに比べると作りが簡素な気がしないでもないですが、必要な部分の再現はしっかり抑えられての仕上がりです。リアスポイラーも立体的に見えるように作られている点に拘りを感じます。

th_P1320208.jpg
th_P1320209.jpg
俯瞰して。内装はオシャレなブラウン。インパネ周りもよくできているので、こちらも手にとってじっくり眺めていただきたい。

th_P1320210.jpg
左右ドア開閉ギミック。

th_P1320211.jpg
裏側。

th_P1320164.jpg
パッケージ。

th_P1320213.jpg
今回のソアラは発売記念仕様が同時発売しています。てっきりネイビーかと思っていたのですが、実物は高級感あふれるブラックパールでした。

th_P1320214.jpg
通常品の色違いモデルにあたります。通常品はホワイトのモノトーンカラーでしたが、発売記念仕様はシルバーとのツートン仕様。最近のクルマでは殆ど見かけない塗り分けなのでこれはボディデザインが水平基調だった時代の特権だと思っています。すごく渋くてかっこいい。

th_P1320215.jpg
ドアにプリントされた文字も通常品と同じ。ホイールも通常品と同じものを装着しています。個人的好みでは、今回のソアラは初回特別仕様の方が好きかな。とても気に入りました。

th_P1320216.jpg
th_P1320218.jpg
前後から。

th_P1320219.jpg
th_P1320220.jpg
俯瞰して。内装色も通常品と同じブラウン。この組み合わせもよく似合っていますね。

th_P1320221.jpg
左右ドア開閉。

th_P1320222.jpg
裏側。

th_P1320212.jpg
パッケージ。発売記念仕様は赤い箱が目印です。

トヨタ ソアラ

メーカー : タカラトミー
ブランド : トミカプレミアム
識別番号 : 4904810170464/170471
スケール : 1/63
ギミック : サスペンション/左右ドア開閉
入手状態 : 新品
発売年月 : 2021年1月
納車年月 : 2021年1月
標準価格 : 800円+tax
入手価格 : 800円+tax
記事分類 : 新商品レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。








Sponsored Link