Retroletra.com

【新商品レビュー】MINI GT ベントレー コンチネンタル GT3 プレゼンテーションカー

tadatchi

tadatchi

th_P1320482.jpg
「MINI GT」の新作アイテムから「ベントレー コンチネンタル GT3 プレゼンテーションカー」をご紹介。


Sponsored Link



th_P1320483.jpg
シルバーボディにライトグリーンのアクセントカラーが光る今回の「コンチネンタル GT3」は、「プレゼンテーションカー」の商品名の通り、2017年11月にベントレーが第2世代となる「コンチネンタル GT3」を世界初披露したときのカラーリングがモチーフになっています。

th_P1320484.jpg
GT3マシンということで、市販車をベースにカスタマイズが施されたレーシングカーです。サスペンションやブレーキがGT3マシン専用品になっているほか、ミニカーとして分かる外観上の仕様としては、ダウンフォースを増強を意識した専用のエクステリアデザインや、大きなリアGTウイングが目立った特徴となっています。リアフェンダー部分に「GT3」のロゴが入っていたり、フロントフェンダー付近に英国旗・ユニオンジャックが描かれているなど、細かい部分まで実車に忠実に再現されているのが分かります。

th_P1320485.jpg
コスパの良いいつもの「MINI GT」らしく、4灯のヘッドライトはクリアパーツでリアルに再現。グリル等の黒色部分は、実車同様に美しいマットブラックで塗装されています。グリルの縁取りなど、随所に使われたライトグリーンの挿し色も、ズレが全くなく、非常に綺麗な塗装に仕上がりです。

th_P1320487.jpg
新型はテールライトが楕円形になっているので、顔を見るよりお尻を見た方がコンチネンタルは世代の区別がつきやすいかもしれません。ベントレーのロゴが入った大きなGTウイングはカーボン調のパターンの印刷が施されています。テールライトもクリアパーツで再現されているのがグッド。リアディフューザーの作りも迫力があっていいですね。

th_P1320488.jpg
俯瞰して。黒いホイールもビシッと決まってかっこいい。エンジンフードに大きく開けられたダクトも存在感抜群。英国車ベースなので当然右ハンドル。商品名に右ハンドルを示す「RHD」とわざわざ書いてありますが、「LHD」版は商品化されていないはずです。

th_P1320489.jpg
2017年・2018年シーズンのSUPER GT GT300には先代「コンチネンタルGT3」が参戦していましたが、現行型は今のところ日本での活躍がなく寂しい限り。この迫力満点のカッコいいクルマが活躍している姿を、実際にこの目で見てみたいものですね。ミニカーでしか眺められないのはもどかしい。

th_P1320490.jpg
裏側。

th_P1320481.jpg
パッケージ。今回から(?)MINI GTの箱のデザインが刷新されたようです。かなり「MINI GT」のロゴの主張が強くなりましたね。カッコいいので、個人的な好みでは今回のリニューアルは成功な気がします。


ベントレー コンチネンタル GT3

メーカー : TSM MODEL
ブランド : MINI GT
識別番号 : 4895183684835
スケール : 1/64
ギミック : - - -
入手状態 : 新品
発売年月 : 2021年1月
納車年月 : 2021年1月
標準価格 : 1600円+tax
入手価格 : 1600円+tax
記事分類 : 入手記録/レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。







Sponsored Link