Retroletra.com

【入手記録】トヨタ販促用LEDライトキーホルダー トヨタ ヴェルファイア (初代/後期型) ホワイト

tadatchi

tadatchi

th_P1320514.jpg
リサイクルショップで発掘した「トヨタ ヴェルファイア」の販促用LEDライトキーホルダーをご紹介。


Sponsored Link



th_P1320515.jpg
「2代目アルファード」の姉妹モデル(ネッツ版)として登場した、初代「ヴェルファイア」のミニカーです。所謂「20系」ですね。現行前期型のヴェルファイアのミニカーは持っていましたが、そういえば初代の方は持っていなかったので、良いゲットの機会になりました。

th_P1320516.jpg
フロントバンパーやグリルなどの外観上の特徴から、2011年11月に発売になったマイナーチェンジ版(後期型)がモデルになっていることがわかります。現行型のデザインがとても派手なので、今見るととても大人しく見えてしまいますが、当時の感覚では、マイナーチェンジでより迫力のあるデザインになったなと感じたものでした。カラバリは複数あるようですが、今回は「ホワイトパールクリスタルシャイン」をゲット。

th_P1320517.jpg
正面から。裏面のスイッチを入れるとヘッドライトが点灯するギミックを搭載している(とはいえ電池切れ)ため、ヘッドライトはクリアパーツで再現されています。今でこそ珍しいものではなくなりましたが、二段重ねのヘッドライト自体が当時は先進的に見えましたよね。フロントグリルには「ネッツ」のシンボルマークのエンブレムが装着されています。後期型になって存在感を増した、大きなロアグリルも迫力満点です。

th_P1320518.jpg
後ろから。ヘッドライト同様、上下二段に分けられたクリアのリアコンビネーションランプが姉妹車「アルファード」とのリアスタイルの決定的な違いです。扇形テールのアルファードと比べて、皆さんはどちらがお好みでしょうか。細かい点ですがバンパーのリフレクターも赤色でしっかり彩色されているのがグッド。ミニカー型の「キーホルダー」なので、後ろからボールチェーンが生えています。

th_P1320519.jpg
th_P1320520.jpg
俯瞰して。窓はすべて黒のベタ塗りで表現。メーカー謹製グッズですので、ホイールも実車のそれと同じデザインのものを装着しています。メーカーは先日の「ノート e-POWER」のミニカーの時も名前が上がった「パパジーノ」製です。小さいボディながら、ライト点灯ギミックの他に、プルバック走行ギミックも搭載しています。

th_P1320521.jpg
裏側。LEDヘッドライトのスイッチがついています。

th_P1320513.jpg
パッケージ。「the Creative.」のキャッチコピーがついたネッツロゴが懐かしい。現行型ヴェルファイアがトヨタエンブレムに切り替わるなど、既に段階的に廃止が始まっていますが、近い将来には「ネッツ」のブランド自体が懐かしいものになってしまうんでしょうね。最初に「ネッツエンブレム」を付けたクルマである「2代目ヴィッツ」に乗っていたことがある身としては、何となく寂しい気持ちがあります。今のトヨタが行なっているブランド再編が成功となるかどうか、静かに見守っていきたいなと思います。


トヨタ ヴェルファイア

メーカー : パパジーノ
ブランド : - - -
識別番号 : - - -
スケール : 不明
ギミック : ヘッドライト点灯/プルバック走行
入手状態 : 中古
発売年月 : 2011年11月
納車年月 : 2021年1月
標準価格 : 非売品
入手価格 : 450円+tax
記事分類 : 入手記録/レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。





Sponsored Link