Retroletra.com

【新商品レビュー】ホットウィール ダッジ バン

tadatchi

tadatchi

th_P1320534.jpg
ホットウィールベーシックカーから新作「ダッジ バン」をご紹介。


Sponsored Link



th_P1320535.jpg
1月発売の新作アソートに混じって日本にも入ってきた新作モデル。ホットウィールの商品名は「ダッジ バン」ですが、歴史が長いので、「ダッジ ラム バン」とか「Bシリーズ」とか色んな呼び方があるそうです。アメリカンな巨体を持つフルサイズバンです。クルマの雰囲気によく似合う淡い緑色(ライトグレーグリーンと言った感じ)を纏って登場した存在感抜群の1台です。

th_P1320536.jpg
英語版Wikipedia先生によると、「Third generation」即ち「第3世代」に当たるモデルだそうで、1994年から2003年の長きに渡って販売されたロングセラーモデルとなっています。側面には各種ロゴが描かれていおり、特に目を引くのは「R.Y.U. 2021 HW DRIFT」の文字。「R.Y.U.」は恐らく著名なホットウィールデザイナーの方のお名前を元にしたものでしょう。車内にカートやホイールが積載(後述)されており、レース活動を支えるバンという設定の1台のようです。

th_P1320562.jpg
よく見ると左右非対称デザインで右側面の方がドアの数が多いです。左側通行の日本では、左側にだけスライドドアがある(ミニ)バンが(かつては)多く存在しましたが、これもそれと同じ理由で、右側通行のアメリカのニーズに合わせて右側にだけドアがついているものと思われます。車体随所には「錆び」のような「傷」のようなダメージが印刷でわざと付けられています。最初に手に取った時は、でかい傷の多い不良品を買ってしまったかと思いました。笑

th_P1320537.jpg
正面から。ヘッドライトは印刷でリアルに再現。フロントマスクの印象を左右するグリル部分もしっかり塗られ、バンパー部分には銀メッキが使われるなど、非常に出来の良い一台に仕上がっています。よくみるとワイパーも再現されているのがグッド。

th_P1320538.jpg
後ろから。フロントとサイドで力尽きたか、リアは色挿しがなくちょっぴり殺風景。バンパー部分にはフロント同様銀メッキのパーツが使われています。

th_P1320539.jpg
th_P1320540.jpg
俯瞰して。開放感抜群の大きなサンルーフがついています。車内がよく覗き込めて面白い。

th_P1320541.jpg
前述の通り車内にはカートとホイールが積載されています。内装はバンパー部分と同じく銀メッキ塗装仕上げ。

th_P1320542.jpg
裏側。

th_P1320532.jpg
パッケージ。

ダッジ バン

メーカー : マテル
ブランド : ホットウィール
識別番号 : 887961912029
スケール : - - -
ギミック : - - -
入手状態 : 新品
発売年月 : 2021年1月
納車年月 : 2021年1月
標準価格 : 300円+tax
入手価格 : 800円
記事分類 : 新商品レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。





Sponsored Link