Retroletra.com

【入手記録】トミカ ギフトセット いい旅ドライブ気分 たびのくるまセット

tadatchi

tadatchi

th_P1320836.jpg
なかなか旅行に行けなくなってしまった今のご時世に、全く相応しくないトミカのギフトセット「いい旅ドライブ気分 たびのくるまセット」をゲットしたのでご紹介します。2006年4月に発売になったセットです。これはもう商品名だけで旅行に行きたくなりますね。


Sponsored Link



レンタカー

th_P1320837.jpg
まずは旅のお供の必需品「レンタカー」です。2代目のトヨタ ヴィッツがベース。余談の体力自慢ですが、私は北は北海道、西は岡山まで86で自走して行っちゃってますので旅行でレンタカーのお世話にはなったことありません。

th_P1320838.jpg
レンタカーらしく無難なシルバーで登場。今でこそ現役を引退しつつある90ヴィッツのレンタカーですが、割と最近までは格安レンタカー用の車種として現役で粘り続けていた気がします。今でこそ懐かしい車種になっていますが、2006年に発売したギフトセットだということを考えると、当時としては最新のコンパクトカーとしてのラインナップだったことがわかります。

th_P1320839.jpg
無駄を徹底的に排除した、シンプルイズベストなスタイリングこそレンタカーらしいスタイリングといったところでしょうか。当然車体に柄や文字はなく、純粋なシルバーメタリックのヴィッツになっています。

th_P1320840.jpg
唯一このヴィッツが「レンタカーである」と決定づけているポイントが、フロントに取り付けられた「わ」表示のナンバープレート。トミカでナンバープレートが再現されているもの自体が珍しいので、これはとても面白い試みだと思います。数字が「10-31」で「トミー」の当て字になっているのも粋です。

th_P1320841.jpg
後ろ姿もシンプルイズベスト。ヴィッツの車名エンブレムとトヨタのCIエンブレムは印刷でしっかり再現されています。

th_P1320842.jpg
th_P1320843.jpg
俯瞰して。元91ヴィッツRS乗りとして、この世代のヴィッツのトミカは全色集めましたが、意外とこのレンタカーが中古市場に出回らなくて入手に苦労した記憶があります。ということで実は今回このヴィッツだけは3台目のゲットになります。歴史の長い収集ブログになりつつあるので、1台目2台目の記事も残ってます。

th_P1320844.jpg
楽しい後部ドア開閉ギミック。サスペンションつきです。

th_P1320845.jpg
裏側。


送迎バス

th_P1320846.jpg
続いては送迎バス。マイクロバスの「トヨタ コースター」がベースです。

th_P1320847.jpg
白地にオレンジで温泉街にとてもマッチしそうなカラーリング。「天然温泉」への送迎をしてくれるバスのようです。たしかに旅先ではレンタカーの他に、こういった交通手段も役に立ちますね。

th_P1320848.jpg
側面には大きく温泉のマークと「天然温泉」の文字。温泉に浸かっているイラストは親子のものでしょうか。なんともいい味が出たトミカに仕上がっています。

th_P1320849.jpg
コースターは左右非対称ボディなので反対側からも。

th_P1320850.jpg
正面から。フロントにはしっかりトヨタマークがついていますが、「トヨタ車のトミカ」としては割とマイナーな部類に入るかも? マイクロバスのトミカは需要やバリエーションのネタが沢山ありそうですが、他のバスに比べると意外とそんなに種類が出ていない気がします。

th_P1320851.jpg
白とオレンジの塗り分けは前後ともにグルっと一周しています。テールライトは赤塗り単色で再現。

th_P1320853.jpg
th_P1320852.jpg
俯瞰して。ルーフには「いいゆだな」の文字。私情で大浴場には長らく入っていません。広いお風呂たまには行ってみたいなぁ。

th_P1320854.jpg
左スライドドア開閉ギミック。

th_P1320855.jpg
裏側。


観光バス

th_P1320865.jpg
旅に必要なクルマといえば「観光バス」ですね。これが無ければ旅が始まらないこともあります。

th_P1320866.jpg
マイカーでどこへでも行ってしまうので、長距離バスに大人になってから乗ったことがありませんが、妻はよく夜行バスで一人旅に出かけていきます。むしろずっと座って揺られ続けられる忍耐力がすごいなぁと思ってしまったり。

th_P1320867.jpg
ベースは「日野 セレガ」です。縮んでない方の金型です。実際にありそうなブルー基調のオシャレなカラーリングが特徴。「TOMY EXPRESS」のデカすぎる自己主張にトミカらしさを感じてほっこりします。

th_P1320868.jpg
セレガもよく見ると左右非対称デザインなので反対側からも。

th_P1320869.jpg
正面から。ライトもグリルもしっかり塗られていて出来はバッチリ。窓の下についた車名のロゴマークも印刷でしっかり再現されています。

th_P1320870.jpg
後ろから。テールライトは赤色単色ですが、モールドがはっきりしているので、実車に近い雰囲気に。リアのシルバーのガーニッシュと日野マークも再現されているのがグッド。

th_P1320871.jpg
th_P1320872.jpg
俯瞰して。

th_P1320874.jpg
裏側。


個人タクシー

th_P1320856.jpg
ちょっとリッチな旅をするならタクシーも欠かせませんね。初代アルファードをベースにした大型ミニバンタイプの個人タクシーです。今回のギフトセットを買った一番のお目当てはこのアルファードでした。

th_P1320857.jpg
同じトミカがベースなのに、先日紹介したギフトセットのアルファードとは全く雰囲気が違って見えるから面白いですね。白地に青いストライプが入ったでんでん虫仕様の個人タクシーです。

th_P1320858.jpg
横から見ると行燈がかなり前屈みの位置についているのに気づきます。絶妙に傾斜のついた場所に取り付けられているのは前から見た時にわかりやすいようにするためでしょうかね。側面には「(個人)」「タクシー」「2」の文字。「2」は何の意味だろう。

th_P1320859.jpg
正面から。行燈の横についた星三つのマークはWikipedia先生によると「マスターズマーク」と呼ばれるものだそうです。「優良個人タクシー事業者認定制度に合格したタクシーにのみ取り付けが許されている」ものとのこと。つまりは優秀なドライバーさんの目印というわけ。旅先で嫌な思いしたくないですもんね。

th_P1320860.jpg
後ろから。青いストライプはリアまでしっかり繋がっています。テールライトとリフレクター部分に赤色が挿されているのがグッド。

th_P1320861.jpg
th_P1320862.jpg
俯瞰して。

th_P1320863.jpg
左側スライドドア開閉ギミック。

th_P1320864.jpg
裏側。


パッケージ

th_P1320793.jpg
th_P1320794.jpg


たびのくるまセット

メーカー : (タカラ)トミー
ブランド : トミカ
識別番号 : 4904810738459
スケール : 1/59,1/89,1/156,1/65(掲載順)
ギミック : 上記解説に準ずる
入手状態 : 中古
発売年月 : 2006年4月
納車年月 : 2021年2月
標準価格 : 1500円+tax
入手価格 : 3000円+tax
記事分類 : 入手記録/レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。





Sponsored Link