Retroletra.com

【新商品レビュー】トミカリミテッドヴィンテージネオ LV-N226a ホンダ NSX (1990年式)

tadatchi

tadatchi

th_P1330348.jpg
トミカリミテッドヴィンテージネオの新作から、赤色の「ホンダ NSX (1990年式)」をご紹介。


Sponsored Link



th_P1330349.jpg
アルテッツァと同時発売となったNSX。90年代生まれの私にドストライクな車種が続いてお財布が困窮していきます。恐ろしやTLVN。まず登場したのは1990年式、つまり最初期型のNSXです。前例のない市販車でのオールアルミボディの採用や革新的なスタイリングなど、スポーツカーの世界に革命を起こした歴史的な1台だと思います。

th_P1330350.jpg
ついに本家トミカのみならずトミカプレミアムとも車種がバッティングするのか! と一瞬思いましたが、よく考えたらトミカプレミアムは1992年デビューの「Type R」仕様なので、絶妙に被らないようにモデルがチョイスされているようです。

th_P1330351.jpg
レッドとシルバーが同時発売されましたが、個人的にこの世代のNSXといえばレッドが定番のイメージが強いので今回は赤色をチョイス。ウインカー部分にちゃんと色が入っているほか、フォグランプ部分にはクリアパーツが使われていてリアルな雰囲気。お高いだけあってとてもよくできています。

th_P1330352.jpg
特に感心したのはクリアパーツを用いて再現されているリアコンビネーションランプ。透明感のあるクリアパーツにしっかりウインカーとバックランプの色が挿されています。スポーツカーは走り去る後ろ姿こそ大事だと思っているので、リアの再現に抜かりがないのは素晴らしいことです。

th_P1330353.jpg
th_P1330354.jpg
俯瞰して。ピラーから上がブラックのツートンカラー仕上げです。

th_P1330355.jpg
なんと今回のNSXは、リアウインドウとエンジンカバーを開閉できるギミックがついています。ギミックを入れても見た目を損なわないように、かなりタイトな作りになっており、開閉には付属の工具を使います。

th_P1330356.jpg
開くとこう。

th_P1330357.jpg
エンジンルームを覗いて楽しめます。しっかり中も塗られているのが嬉しいですね。

th_P1330358.jpg
裏側。

th_P1330332.jpg
パッケージ。

ホンダ NSX

メーカー : トミーテック
ブランド : トミカリミテッドヴィンテージネオ
識別番号 : 4543736312970
スケール : 1/64
ギミック : リアウインドウ/エンジンフード開閉
入手状態 : 新品
発売年月 : 2021年2月
納車年月 : 2021年2月
標準価格 : 3400円+tax
入手価格 : 3400円+tax
記事分類 : 新商品レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。







Sponsored Link