Retroletra.com

【入手記録】京商 1/43 レクサス UX200 version L (ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング)

tadatchi

tadatchi

th_P1340181.jpg
レクサス車のミニカーを積極的に商品化してくれる京商の1/43スケールシリーズから、「レクサス UX200 "version L"」をご紹介。


Sponsored Link



th_P1340182.jpg
「レクサス UX」は2018年11月に発売されたレクサスの小型SUV。レクサスのSUVは大きい順に「LX」「GX」「RX」「NX」「UX」となります。RXすら日本になかった(※ハリアーがあった)時代を考えると、かなりレクサスのラインナップが揃ってきた印象を覚えますね。次のマイカー(86を降りる予定はないが)を考えた時、今の選択肢の中ではUXもかなり魅力的な候補だと思っています。

th_P1340183.jpg
京商から登場したUXのミニカーは「200 version L」と「250h F Sport」の2種類。今回のオレンジ色のモデルは、上位グレードにあたる前者のもの。ボディカラーは私好みのメタリックオレンジをチョイス。このオレンジ色は「ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング」というすごく長くて洒落た名前がつけられています。分解してみると「カーネリアン」はオレンジ色の鉱物の名前。「コントラストレイヤリング」は5層に重ねた深みのあるレクサス独自の塗装技法の名称です。

th_P1340185.jpg
正面から。レクサスのトレードマークであるスピンドルグリルが存在感抜群。複雑なデザインのメッシュですが、細かくリアルに再現しているのが素晴らしい。同じくレクサスの共通アイデンティティである「L字に光るデイライト」は、クリアパーツのヘッドライトの中にシルバーの塗装を重ねることでばっちり再現されています。これはお見事。

th_P1340186.jpg
後ろから。真一文字に繋がる特徴的なテールライトも透明度の高い綺麗なクリアパーツで再現。左右でラインが繋がるテールは最先端のデザインのトレンドでもありますね。似たような意匠が新型ISにも採用されているので、今後のレクサス車でも採用が増えていくかもしれません。

th_P1340187.jpg
th_P1340188.jpg
th_P1340189.jpg
俯瞰して。嬉しいサンルーフつき仕様。ハンドル位置は右側で、内装はブルーとホワイトが組み合わされています。

th_P1340179.jpg
th_P1340180.jpg
パッケージ。

th_IMG_3408.jpg
th_IMG_3407.jpg
グレードこそ違いますが、同じ色のUXの実車をレクサス販売店で見せてもらいました。綺麗な色ですねぇ。

レクサス UX

メーカー : 京商
ブランド : - - -
識別番号 : 4548565380657
スケール : 1/43
ギミック : - - -
入手状態 : 新品
発売年月 : 2020年2月
納車年月 : 2021年3月
標準価格 : 6000円+tax
入手価格 : 6000円+tax
記事分類 : 入手記録/レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。





Sponsored Link