Retroletra.com

【新商品レビュー】トミカプレミアム 12 ランボルギーニ カウンタック 25th アニバーサリー

tadatchi

tadatchi

th_P1340803.jpg
今日発売のトミカプレミアムの新作から「ランボルギーニ カウンタック 25thアニバーサリー」をご紹介。


Sponsored Link



th_P1340804.jpg
カウンタックのトミカプレミアムはこれで2種類目。廃盤になった「LP500S」と入れ替わるようにして、今回の「25th アニバーサリー」が登場しました。今回のものはカウンタックの最終型にあたるモデルですね。

th_P1340805.jpg
「25thアニバーサリー」はカウンタックの歴史の中で最多の657台を生産したそうです。今回もしっかり新規金型モデルになっていますので、以前販売されていた「LP500S」のトミカプレミアムとは全く違うものに仕上がっています。外観状の最大の識別ポイントはリアウイングの有無ですね。

th_P1340806.jpg
プレミアムなのでホイールもカウンタック専用のものを装着。往年のスーパーカーのシンボル的な存在。いつまでもファンを魅了し続ける存在です。

th_P1340807.jpg
ライト部分にはクリアパーツが使われています。細部のグリルやライトもしっかり塗り分けられてりるのは流石のプレミアムクオリティ。

th_P1340808.jpg
テールライトは印刷での再現です。LP500Sのトミカプレミアムの時はクリアパーツだったので、それに比べてしまうとディティールダウンか? とつい思ってしまう節があります。マフラーにもしっかり色が入っているのがいいですね。

th_P1340809.jpg
th_P1340810.jpg
ダッシュボードはブラック。内装はベージュ。内装色が明るいのがよく映えて見えて好きです。

th_P1340811.jpg
LP500Sのトミカプレミアムとの大きな違いの一つとして、今回のカウンタックにはエンジンフードの開閉ギミックが備わっています。タイトに作られているので開けるのにちょっとコツがいる印象ですが、大人向けのトミカプレミアムならこの作りでいいでしょう。エンジンルームのモールドもとてもよくできています。

th_P1340812.jpg
裏側。

th_P1340801.jpg
パッケージ。

th_P1340813.jpg
同時に発売記念仕様のシルバーも発売です。

th_P1340814.jpg
通常品の純粋な色違いモデルにあたります。Wikipedia先生によると最後にラインオフしたカウンタックがシルバーなんだそう。「ランボルギーニミュージアム」に実物が所蔵されているそうなので、イタリアに行く機会があればこのトミカも持参したいですね。

th_P1340815.jpg
シルバーだとシンプルイズベストな感じ。洗練された最終モデルのデザインをとてもよく引き立ててくれます。

th_P1340816.jpg
th_P1340817.jpg
前後から。

th_P1340818.jpg
th_P1340819.jpg
俯瞰して。こちらも内装色はベージュです。

th_P1340820.jpg
エンジンフード開閉ギミック。

th_P1340821.jpg
裏側。

th_P1340802.jpg
パッケージ。

ランボルギーニ カウンタック 25thアニバーサリー

メーカー : タカラトミー
ブランド : トミカプレミアム
識別番号 : 4904810175995/176008
スケール : 1/61
ギミック : エンジンフード開閉
入手状態 : 新品
発売年月 : 2021年4月
納車年月 : 2021年4月
標準価格 : 800円+tax
入手価格 : 800円+tax
記事分類 : 新商品レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。







Sponsored Link