Retroletra.com

タイトルが思いつきません。

tadatchi

tadatchi

th_P1350622.jpg
th_P1350623.jpg
父方の祖父が今朝他界しました。我々が駆けつけた時には時既に遅しでしたが、看護師さんの話では、直前まで普通に意識があったそうなので、まるで眠るように静かにその時を迎えたみたいです。身内に不幸があるたびにこんな記事あんな記事を載せているので、都度しんみりした記事を書くのはどうかなぁと思うんですが、ミニカーとずっと一緒に歩んできた人生だから、思い出の節目も、そして形見もどうしてもミニカーになっちゃうんですよね。このカプセルエムテックのフィットのパトカーは当時中学生だった私が、当時フィットを納車したばかりだった祖父にプレゼントしたものでした。形見としてまた私の手元に舞い戻ってきてしまうのはなんだか複雑な気持ちです。チープでちっちゃなミニカーですが、祖父はこれをずっとリビングのガラスケースの中に入れて飾ってくれていました。

祖母の同意もあり、フィットパトカーのそばに飾ってあったミニカーも親族を代表して引き取ってきました。せっかくなので簡単に載せておきます。
th_P1350624.jpg
th_P1350625.jpg
エブロ 1/43 ホンダ フィット (ホワイト)

th_P1350628.jpg
th_P1350629.jpg
ホンダカラーサンプル ホンダ フィットRS (プレミアムホワイトパール)

th_P1350620.jpg
th_P1350621.jpg
トミカ No.32 トヨタ クラウン

th_P1350626.jpg
th_P1350627.jpg
トヨタ カラーサンプル ゼロクラウン後期型 (ホワイトパールクリスタルシャイン)

いずれも思い出とともに大切に保存しようと思います。コロナ禍、自由に人と会うことが難しい世の中ですが、会いたい時に会えるうちに会うことも大切だと再認識させられました。「またね」の「また」が必ず来ないかもしれないことは、誰もが平等です。そのことを肝に銘じて、日々を大事にしていきたいですね。