Retroletra.com

【入手記録】マジョレット ヒョンデ(ヒュンダイ) i30 N

tadatchi

tadatchi

th_P1030840_202106091955058ed.jpg
マジョレットの新作アソート「スポーツ&マッスル コレクション 2」から「ヒョンデ i30 N」をご紹介。今回のアソートで一番探し求めていたものです。やっと手に入れることができました。


Sponsored Link



th_P1030841_20210609195507fce.jpg
韓国最大手の自動車メーカー「HYUNDAI」は日本の乗用車市場からは2010年に撤退してしまったので、すっかりもう馴染みの薄いものとなってしまっていますが、世界的に見るとホンダやGMに匹敵する販売力を持つ世界的自動車メーカーです。ホットウィールマジョレットから先んじて登場した「KIA」の親会社でもあります。韓国限定トミカとしてソナタヴェロスターが商品化されているので、ミニカーの世界ではちょっぴりお馴染みですね。ちなみにメーカー名は従来のローマ字読みの「ヒュンダイ」から現地読みの「ヒョンデ」に統一されたそうで、日本語のSNSでも「ヒョンデ」というカタカナ表記が見られます。日本再参入の具体的なスケジュールは公表されていませんが、FCVの「ネッソ」の投入で日本に戻ってくる予定だと噂が囁かれていますね。

th_P1030842_20210609195508176.jpg
さて今回手に入れたのは「i30 N」というクルマ。欧州などでも販売されているホットハッチで、調べてみるとAUTOCAR JAPANに日本語のレポート記事がありました。どうやらかなり刺激的なクルマのようで、運転したら楽しそう。特徴的なソリッド系のライトブルーにスポーティーな赤いアクセントカラーが挿されたカッコいい1台。

th_P1030843_20210609195510830.jpg
ヘッドライトは最近のマジョレットらしくクリアパーツでリアルに再現。グリル類もしっかり塗り分けられていてグッド。エンブレムもプリントで再現されているのがいいですね。

th_P1030844_20210609195511a9f.jpg
リアも塗り分けが細かくていい感じ。ヒュンダイ車のミニカーはなかなか手に入れる機会がないのでゲットできて嬉しい。

th_P1030845_20210609195513f45.jpg
th_P1030846_20210609195514004.jpg
俯瞰して。ハンドル位置は左側。太いスポークのホイールもよく似合っていますね。

th_P1030847_202106091955160cf.jpg
裏側。

th_P1030839_20210609195504f1f.jpg
パッケージ。

ヒョンデ i30 N

メーカー : マジョレット
ブランド : - - -
識別番号 : 4901550186564
スケール : 1/64
ギミック : サスペンション
入手状態 : 新品
発売年月 : 2021年3月
納車年月 : 2021年6月
標準価格 : 420円+tax
入手価格 : 420円+tax
記事分類 : 入手記録/レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。





Sponsored Link