Retroletra.com

【入手記録】国産名車コレクション 1/43 トヨタ プリウス (1997)

tadatchi

tadatchi

th_P1040620_20210802185331671.jpg
アシェット「国産名車コレクション」からVol.163「トヨタ プリウス」をご紹介。


Sponsored Link



th_P1040621_202108021853330d7.jpg
このクルマを「国産名車」として語ることに異論を唱える方は少ないのではないでしょうか。「21世紀に間に合いました。」の印象的なキャッチコピーで広く知られる、量産ハイブリッドカー先駆けとなった「プリウス」の初代モデルです。

th_P1040622.jpg
今のクルマを基準に見ると、保守的にすら感じられるかもしれませんが、これは当時としては革新的なデザインの塊で、まさに「未来から来たクルマ」のように見えたものでした。名前の由来も「~に先立って」というラテン語。2代目以降は5ドアスタイルに切り替わり、それがプリウスのデザインアイコンとして統一されているので、いま見るとある意味プリウスらしくないクルマとも言えるかもしれませんね。

th_P1040623_202108021853369b7.jpg
大きなヘッドライトに小さなグリルの組み合わせが印象的なフロントマスク。Wikipedia先生によると、アメリカのデザインスタジオ「CALTY」が手がけたもので、「フロントグリルとボンネットをシームレスにつないだデザイン」は当時としてはとても珍しかったとのこと。もちろんデザイン上のインパクトだけでなく、空気抵抗のことも考えてのデザインになっているそうです。

th_P1040624_20210802185338a7e.jpg
フロントに劣らずリアも「未来のクルマ」感が満載です。燃費はリッター28kmを記録。当時の乗用車の数値としては驚異的なものだったとか。先日新型アクアに乗ってきたばかりですが、トヨタのハイブリッドカーの進化の歴史はここから始まったのだと思うと感慨深いですね。ハイブリッドカーも新型が出るたびに乗りやすくなっています。この分野はこの分野で今後の発展が楽しみです。

th_P1040625_2021080218533993f.jpg
th_P1040626_20210802185340abc.jpg
俯瞰して。内装も個性抜群。特にセンターメーターや、インフォメーションディスプレイがついたインパネデザインは、ひとめ見て初代プリウスだと分かる個性的なものになっています。

th_P1040627_20210802185342f7a.jpg
車名入り台座付き。

トヨタ プリウス

メーカー : アシェット
ブランド : 国産名車コレクション
識別番号 : 不明
スケール : 1/43
ギミック : - - -
入手状態 : 中古
発売年月 : 2012年4月
納車年月 : 2021年7月
標準価格 : 1705円+tax
入手価格 : 800円+tax
記事分類 : 入手記録/レビュー


※上記情報は参考程度にお楽しみください。





Sponsored Link