Retroletra.com

iPhone6を購入しました。簡単フォトレビュー

tadatchi

tadatchi


無事に今回も発売入手をすることができました。
今回の化粧箱はとってもシンプルです。
側面のiPhoneロゴの色が本体の色になっています。


購入した容量は64GBです。128GBは次の次のiPhoneくらいからでいいかな?


付属品は5sとかわりありません。
噂のあったリバーシブルUSBも急速充電器もBeatsのイヤホンもありません。


さて本体。今回購入したのはスペースグレイということで
前面はブラックです。ホワイトもいいですが、黒は引き締まって見えます。


下部はイヤホン、Lightning、スピーカー。
5cと同じ系統のデザインです。


iPhone本体の大型化に伴い電源ボタンは本体右側面に移動になりました。
電源ボタンの下はSIMスロット。


左側には音量キーとサイレントのスイッチ。
5cと同様に楕円になっています。


電源ボタンがなくなった上面はすっきり。




続いて背面です。


通称Dライン。独特の縁取りが特徴です。
すべて金属製ボディだと通信に影響があるとかなんとか。


iPhoneのロゴは変わらずここに鎮座しています。


iPhone6/6Plusはカメラが飛び出ています。
薄くしすぎてカメラが収まらなかったのでしょうかね?
ダイヤモンドカット加工されていて悪くないのですが、
ケースを選ぶ時はカメラの保護がちゃんとできるか見るといいかもしれません。


デスクに置いてぐらぐらするとか、そういうレベルではないですが
こう見るとカメラで上部が持ち上がっているのがわかります。


ロック画面。


5sから採用された指紋センサ—は当然ですが搭載されています。


ホーム画面。縦に1列増えました。


ハードのサイズは5sと比べるとこんな感じ。


写真では6のボタンがわかりにくですが
ホームボタンの大きさに変更はありません。


手にもってみるとこんな感じ。
薄くて、丸みを帯びていて、
思っていたほど持ちにくい印象はありません。
最近のAndroid機などiPhone以外を触ったことのある人なら驚くサイズではないでしょう。


片手で上部の角まで親指は届きません。

そこで、6と6Plusに採用された新機能です。

ホームボタンを2回タッブ(クリックではない)すると…

表示範囲がさがってきます。


ホーム画面に限らずSafariをはじめその他のアプリでも使用可能です。

一定時間操作がないともとの位置に戻る仕掛けのようです。


最後に初代iPhoneと並べてみましょう。


厚さは約半分。すごくうすくなりましたね。


iPhoneは今回で8世代目。(5cなど派生機を除く)
昔ほど新鮮味がなくなったと言われていますが、
それでもやっぱり新機種はわくわくしてしまいますね。

大きくなって使いにくくなったとか、iOS8が不安定だとか
色んな意見があるかとはおもいますが、iPhone6は順等な最新機種として満足できる1台だと思います。6にするか6Plusにするか、キャリアはどうするか。そこは是非自分のライフスタイルと相談してみてください。

これからもずっと応援していくんだろうなぁ。とそう思います。